日本の財政破たんは20カテゴリー後者だが、果してどうなるのだろうか

近頃が2016年頃で、20年頃後は2036年頃。
その頃には和風は金融破綻すると言われている。
そうでなくとも、身の回り格納と年金は破綻する。
身の回り格納はどうしてでも嬉しいとして、年金が破綻するのは困る。
そのためには、増税するしかないらしい。
費消タックスも25パーセンテージぐらいになって、報酬タックスも40パーセンテージぐらいになるのではないだろうか。
かなりの増税がのしかかるに不同ない。
海外に出たほうが生き易い時が生じるだろう。
でも、私には持病があるので日本を離れられない。
障り年金はどうして陥るだろう。減少になるのはさけられないだろうが、
障り年金は受けてる人のトータルが少ないので、さほど手法を置きられないような気がする。
そして、新規の依頼が厳しくなっているけれど、既存の受給人にはきめ細かいやり方の
ままでいるような気がする。見通し系計測だが。
必ず私と亭主は、障り年金が信用です。老後はそれが請いです。
目下11万円。亭主が8万円。ヘルプを合わせて20万円。
これ付加。働いた代金60万円。ミュゼ デリケートゾーン