フレアにあたってと磁気あらしなどに関して学業

太陽などについて受講しました。Ha線で太陽を測量すると、黒点というとある限られたグランドの彩カテゴリーがやにわに明るくきらめくことがあります。この現象はフレアといったよばれ、最初は狭い周辺ではじまり歳月と共に、その面積が広がって明るさもふくらませ、後日面積も明るさも近々減ってもとの状態にもどります。フレアは、太陽コロナの一部が突如1000万〜5000万Kに熱せられ、こういうこと発生した高速の粒子や気力労力が彩カテゴリーを加熱して明るく輝かせHa線のほか、強い紫外線やX線を生みだす病状だ。フレアの出現には、太陽偽造の磁場の準備が関係していると考えられています。フレアが発生するという高速の荷電粒子の流れである太陽独特が強くなり、1〜数日後に地球の磁気圏も影響を受け、地磁気の一時的な準備が起こります。これを、磁気あらしといいます。オーロラは、そういうこと高緯度ゾーンで思い切り出現します。このようなことを覚えましたが、知らないことを知れて良かったです。シースリー 予約